顎関節学会にも専門医制度があります

顎の関節を主にテーマとしている顎関節学会という学会があります。その学会が主催する学術講演会を年2回開催しています。その学術講演会は専門医になるための必要な単位を取得できる対象の講演会です。

講師は全部で4人、小児歯科を専門とする歯科医師、精神科を専門とする医師、歯科補綴科(入れ歯や差し歯を作る)を専門とする歯科医師、口腔外科を専門とする歯科医師とそれぞれの専門医のレクチャーをそれぞれ聞いてきました。改めて思いましたが顎関節症は子供から大人まで、また医科の連携も必要なこともある非常に幅広い知識を要求される疾患です。

日ごろ診療を行いながらいくつか疑問点がありましたが、今回の講習会でそれらの疑問点も解決していきました。それでもまだまだ解明されていない部分も多く、これからの研究を待たなければいけないこともたくさんあります。朝から夕方までのタイムスケジュールでしたが、とても充実した一日を過ごせました。

コメントを残す