トップ

沼尾デンタルクリニックでは「自分の歯を温存する」ことを第一に考えています。
それは自分の歯がある快適な生活をいつまでも守っていきたいと想っているからです。
 沼尾デンタルクリニックは、歯と口の健康を守り続けるためにコミュニケーションを大切にし、常に最新かつ最善の歯科治療を施工できるように、日々向上心をもち学習を怠らないようスタッフ一同心がけております。
みなさまとスタッフの良好な関係を築き上げる努力を行い、クリニックを通じて栃木県日光の地域への貢献を目指し、沼尾デンタルクリニックに携わるすべての方が幸せになることを望んでおります。

 

 

歯を温存する治療と設備について

 
Save the Teeth 私たちがあなたの歯を守ります。
新着情報

こんにちは。日光市の沼尾デンタルクリニック です。
もうすぐ3月、卒業のシーズンですね。









写真撮影の機会も多いこの季節、
きれいな歯を見せて笑えるよう、
定期検診を受けて、
お口の状態を万全にしておきましょう!









さて先日、当院では新しい
「根管測定器」
を購入しました。

















今まで使っていたものが古くなってきたため、
万一故障してしまっては根管治療が
できなくなってしまうので、
「故障する前に新しい機械を購入しておこう」

と思い至ったのが経緯です。









ちなみに「根管治療 」とは、
歯の奥深くを通っている「歯の神経」こと
「歯髄(しずい)」に炎症などの問題が
起きたときに行う治療です。









虫歯が酷くなってズキズキと
痛むようになった時、歯医者で
「神経を抜きましょう」

言われたことがある方も多いと思いますが、
そのような治療行為が該当します。









根管治療 では歯根の奥深くまで
細い器具を挿入し、
炎症を起こした神経や細菌などを
取り除く必要があります。









顕微鏡を使うほど精密な行為
なので、
歯の根の長さを正確に測ることのできる
この「根管測定器」が必要不可欠
なのです。









正確に歯根の長さを測ることで、
根の中の奥に潜むばい菌まで、
すっきりときれいに掃除することができます。









「神経を抜く」「根管治療」などと聞くと、
恐怖感を感じる方も
いらっしゃるかもしれません。









しかし当院では極力痛みに配慮し、
患者様のご希望をしっかりとヒアリングしたうえで
治療をさせていただきますのでご安心ください。









虫歯や歯の痛みでお困りの方は、
お気軽にご来院・ご相談くだされば幸いです。









【医院からのお知らせ】 
2024年3月の矯正外来日は
3月10日(日)となります。
矯正専門医による治療を行っております。




 


こんにちは。日光市の沼尾デンタルクリニック です。


 


2月16日は日本で初めて

天気図が作成された「天気図記念日」だそうです。



天気や気圧、風速などを

地図上に描いたものが天気図。

これによって初めて天候の流れを可視化できるように

なったといわれています。


 


ちなみに歯科診療における

可視化(見える化)といえば

「レントゲン検査」を欠かすことはできません。


 


歯科の病気の中には自覚症状がほとんどなく、

レントゲン検査で偶然発見される病気が

いくつか存在しています。


 


今回は、そうした病気の中から

代表的なものを3つ、ご紹介していきましょう。


 

 

 

 


◆レントゲンで見つかる病気や症状1

 歯根吸収


 


歯根吸収

主に歯のケガや矯正治療が原因で、

歯の根っこ(歯根)が少しずつ

溶けて短くなる現象です。


 


しかも、一度溶けてしまった歯根は元に戻らず、

短くなりすぎると歯がグラグラしたり、

抜け落ちたりすることがあります。


 


初期の段階では症状がないため、

レントゲンを撮らなければ

なかなか発見に至りません。


 



 

 

 

 


◆レントゲンで見つかる病気や症状2

 顎骨嚢胞(がっこつのうほう)


 


嚢胞(のうほう)とは

体の中に作られる袋状の病変で、

中でも「あごの骨」の中にできたものが

顎骨嚢胞(がっこつのうほう)です。


 



 

 


最初のうちは

痛みや腫れといった自覚症状がなく、

知らないまま放置されてしまうことも

珍しくありません。


 


放置された嚢胞は次第に大きくなり、

歯の位置がズレたり、

顔の形が変わったりする原因になります。


 

 


レントゲンでは、こうした

自覚症状の乏しいお口の異常にも、

いち早く気づくことができます。


 

 

 

 


◆レントゲンで見つかる病気や症状3

 歯の位置や生え方などの異常


 


本来あるべき位置や向きに

歯が生えていない、あるいは

「歯の数が足りない」「多い」といった異常も、

レントゲンで偶然発見されることがあります。


 

 


中でも代表的なのが、

横向き・斜め向きに生えている「親知らず」です。


 



 

 


このような親知らずを放置すると、

歯ぐきの腫れ

痛みを繰り返すことも少なくありません。


 


また、「歯の数の異常」なども

レントゲンを撮らないと

なかなか気づくことができません。


 


放置すると、

大人になっても永久歯が生えてこなかったり、

「歯並び」や「かみ合わせ」が

悪くなったりすることがあります。


 

 

 

 


◆レントゲン検査で

 むし歯・歯周病以外の病気もチェック!


 


歯科のレントゲン検査には

むし歯や歯周病の有無、

進行状況を知るだけではなく、

自覚症状のないお口の異常を

早期に発見できる

メリットがあります。


 


病気に早く気づくことで

将来的なリスクに対応できるほか、

病状が悪化する前に

適切な治療を受けることが可能です。


 

 


このようにレントゲンは

お口の状態を正確に調べる手段として

非常に効果的です。


 


また、患者の皆さまもご自身の状態を

より深く理解することができます。


 


皆さまに安心して治療を受けていただけるよう

スタッフ一同取り組んでまいりますので、

ご不安なことがあれば

いつでもお気兼ねなくお声がけください。


 

 

 









診療理念
 私達はより豊かで快適な生活が送れるよう歯と口の健康を守り続けるために、コミュニケーションを大切にしながら、さまざまな予防法・治療法・メンテナンスなどを提案し、相談の上、実行していきます。
そのために常に最新かつ最善の歯科医療を施行できるように、日々向上心をもち学習を怠らないようスタッフ一同心がけます。
治療のコンセプト
 痛みがある場合は、まず痛みを早急になくす治療を行います。
痛みがおさまったあとから、お口の症状や悩み、困っていることなどをお話しください。
はじめての方へ
 当クリニックではまずはコミュニケーションから始まり、治療を行っていきます。
患者さんが安心して治療をしていただけるようスタッフ一同心がけております。
MAP
〒321-1263栃木県日光市瀬川230-4
TEL:0288-22-3030