トップ

沼尾デンタルクリニックでは「自分の歯を温存する」ことを第一に考えています。
それは自分の歯がある快適な生活をいつまでも守っていきたいと想っているからです。
 沼尾デンタルクリニックは、歯と口の健康を守り続けるためにコミュニケーションを大切にし、常に最新かつ最善の歯科治療を施工できるように、日々向上心をもち学習を怠らないようスタッフ一同心がけております。
みなさまとスタッフの良好な関係を築き上げる努力を行い、クリニックを通じて栃木県日光の地域への貢献を目指し、沼尾デンタルクリニックに携わるすべての方が幸せになることを望んでおります。

 

 

歯を温存する治療と設備について

 
Save the Teeth 私たちがあなたの歯を守ります。
新着情報

こんにちは。沼尾デンタルクリニックです。


 


当院では10数年前から毎年、地元歯科衛生士専門学校の
募集案内ポスターを掲示しています。


 









 


みなさまは歯科衛生士という職業をご存知ですか?


 


簡単に説明いたしますと、
みなさまのお口の健康づくりをサポートする専門職
それが「歯科衛生士」です。


 


お口の健康は全身の健康へとつながります。
口腔健康管理のスペシャリストである歯科衛生士は
生涯にわたって人の役に立つことができる仕事です。


 


歯科衛生士になる為には国家資格を取得しなければなりません。


 


栃木県内には歯科衛生士になるための学校が3つあります。


 





宇都宮歯科衛生士専門学校
栃木県立衛生福祉大学校 歯科衛生科
小山歯科衛生士専門学校





 


このうち宇都宮歯科衛生士専門学校では、

歯科衛生士への理解を深めていただくために、

オープンキャンパスを実施しております。


 


詳しくはこちらのURLをご参照ください。



http://www.umth.or.jp/eiseishi/opencampus/





 


将来、歯科衛生士を目指している方、

または歯科衛生士に少しでも興味のある方は是非!


 


 







こんにちは。院長の沼尾です。

6月4日 は6(む)4(し)にちなんで、

「むし歯予防デー」とされ、

さらに、4日から10日までの一週間は

厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会

などが実施する『歯と口の健康週間』とされています。


 


普段私たちが食事や会話を楽しめるのは、

健康な歯と口があってこそ。


 


永久歯の数は全部で28本、

親知らずを含めると32本あるので、

「1本くらい歯がなくても大丈夫」

と考えてしまうかもしれませんが、

それは大きな間違いです。


 

 


1本でも歯を失えば、

口内環境は大きく変化します。


 

 


「見えない場所だから」

「他の歯でも噛めるから」


 


といってそのまま放置していると、

全身の健康にも影響が…。


 


今回は

「大切な歯を失ったときに起こる影響」

について詳しくご説明します。


 

 

 

 


◆顔がゆがみ、発音も悪くなる


 


歯を失って食べものが噛みにくくなると

左右どちらかの歯で噛むようになり、

顔がゆがんでしまう恐れが。


 


しかも、前歯がなくなると歯の隙間から息が漏れ、

正しい発音も難しくなります。


 


話し相手に

「聞き取りにくい」

なんて言われたら、

会話も楽しめません。


 

 

 

 


◆本当に怖い歯の喪失!


 


歯は本来、隙間なく並ぶことで

バランスを保っているため、

1本でも歯を失うと

隣り合う歯が傾いてきたり、

噛み合う歯が浮いてきたりして、

「歯並び」や「かみ合わせ」が悪くなります。


 


その結果として、

顎関節症(がくかんせつしょう)を

引き起こす可能性も。


 


また、

残っている歯に余計な負担がかかるため、

他の歯の寿命を縮めることにも

なりかねません。


 

 









 

 

 


歯の重要な役割といえば

食べものを「噛む」ことですが、

歯を1本でも失うと噛む力は低下し、

いずれ全身の健康にも影響が及びます。


 


そのひとつは、胃腸への影響です。


 


食べものをよく噛んで食べると、

だ液がたくさん分泌されます。


 


この「だ液」に含まれる消化酵素には

消化を助ける働きがあり、

胃腸への負担を和らげてくれているのです。


 


しかし、噛む力が低下して

食べものを飲み込むようになると、

だ液の分泌も減って

胃や腸に負担がかかってしまいます。


 

 

 

 


また、「噛む」ことは、脳の働きにも影響を与えます。


 


よく噛むと脳の働きが活発になりますが、

反対に噛む回数が減ると、脳への刺激も減少します。


 

 


残存歯が少なく治療をしていない人

20本以上歯が残っている人に比べ、

認知症発症リスクが最大で1.9倍になる

というデータも…。


 

 









 

 

 

 


 


◆歯にも寿命がある?


 


皆さまは、歯の寿命をご存じでしょうか?


 


日本人の「歯の平均寿命」は約50〜65年。

特に奥歯は抜けやすく、

前歯より10年以上寿命が短いことも

わかっています。


 

 


失った歯は二度と戻ることはありませんが、

・入れ歯

・ブリッジ

・インプラント

補うことは可能です。


 


もし歯を失ってしまったら、

早めの治療をご検討ください。


 

 









 

 

 

 


 


◆日頃のケアと定期検診で歯を失わない努力を!


 


歯を失う主な原因は、むし歯と歯周病。

歯の寿命を伸ばすためにも、

日頃のケアと定期検診が大切です。


 


80歳になっても自分の歯を

20本以上残すこと
を目標に、

むし歯・歯周病予防に努めましょう!


 

 



こんにちは。沼尾デンタルクリニックです。





このたび、歯周病学会が開催され





市民公開講座を視聴できるようになりました。









市民公開講座





http://web.apollon.nta.co.jp/jsps64/simin.html









時代にならってWeb開催となります。





ご自宅でご視聴いただけますので





コロナウイルスへの感染の心配もありません!









なんだか難しそうな講座に見えるかもしれませんが、





この講座は歯科関係者向けではなく、一般の方向けのものなので





歯周病に関するお話を





とても分かりやすく解説してくれるため、オススメです。



診療理念
 私達はより豊かで快適な生活が送れるよう歯と口の健康を守り続けるために、コミュニケーションを大切にしながら、さまざまな予防法・治療法・メンテナンスなどを提案し、相談の上、実行していきます。
そのために常に最新かつ最善の歯科医療を施行できるように、日々向上心をもち学習を怠らないようスタッフ一同心がけます。
治療のコンセプト
 痛みがある場合は、まず痛みを早急になくす治療を行います。
痛みがおさまったあとから、お口の症状や悩み、困っていることなどをお話しください。
はじめての方へ
 当クリニックではまずはコミュニケーションから始まり、治療を行っていきます。
患者さんが安心して治療をしていただけるようスタッフ一同心がけております。
MAP
〒321-1263栃木県日光市瀬川230-4
TEL:0288-22-3030