口呼吸はキケンがいっぱい!

 

こんにちは。院長の沼尾です。
暑い夏が終わるとやってくる食欲の秋。
ぶどう、マツタケ、栗、サンマと
秋は収穫を迎える食材も多く
食べものがおいしい季節でもありますね!

 

ですが、

 

そんな「秋の味覚」を楽しめなくなるかもしれない
『悪習慣』があります。

 

 

旬の食材が増える実りの秋に備えて、
今回は味覚障害のリスクを高めてしまう
「口呼吸」についてお話させていただきます。

 

 

 

 

◆口呼吸と鼻呼吸の違いとは?

 

普段、私たちが無意識のうちに行っている呼吸法には
・口呼吸
・鼻呼吸
の2種類があります。

 

 

基本的に、哺乳類が行う正しい呼吸法は
鼻から吸って鼻から吐く『鼻呼吸』で、
口呼吸を行うのは人間だけです。

 

犬が「ハアハア」と
口で息しているのを見たことがあるかもしれませんが、
あれは『パンティング』といって、
汗をかけない代わりに
体温を下げようとするときなどに見られる行動。

 

酸素はほとんど肺に送られていないようで、
正常な状態であれば、やはり鼻呼吸を行っているのです。

 

人間が口呼吸を獲得したのは、
言語を発するようになった影響だといわれています。

 

 

しかし、
口呼吸はあまり良い呼吸法とは言えません。

 

口呼吸をしていると冷たく乾いた空気とともに、
細菌やウイルスなどの異物が直接肺に入ってしまうため、
鼻呼吸に比べて、病気にかかりやすくなります。

 

 

 

 

 

◆口呼吸はむし歯や歯周病の原因に…

 

口呼吸による影響は、それだけではありません。

 

 

本来、お口の中の「だ液」は、
細菌や汚れを常に洗い流してくれています。

 

しかし、
口呼吸を続けていると
だ液が少なくなり乾燥状態に。

 

それによって
むし歯や歯周病の原因菌が
繁殖しやすく
なります。

 

 

むし歯が進行すれば、
ズキズキとした耐えがたい痛み
に襲われますし、
むし歯が神経に達すると神経の治療も必要になります。

 

また、歯周病は気づかないうちに進行しやすく、
放置していると
歯が抜け落ちるほど重症化してしまうことも…。

 

 

 

 

◆口呼吸による、さらなる悪影響

 

口呼吸による影響は、他にもたくさんあります。

 

・口臭の原因になる
・歯並びが悪くなる
・味覚障害を引き起こす
・いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になる

 

このように様々なトラブルを招くため、
口呼吸をしている方は、
ぜひとも鼻呼吸に改善していきましょう。

 

 

 

 

◆「あいうべ体操」で脱!口呼吸

 

それでは、実際に口呼吸を改善するためには
どうすればよいのでしょうか?

 

専門の治療を受けたり、
矯正器具を使うといった方法もありますが
まずはご自宅でも簡単にできる
「あいうべ体操」をご紹介したいと思います。

 

1.「あー」と口を大きく開く
2.「いー」と口を大きく横に開く
3.「うー」と唇をとがらせ、口を強く前に突き出す
4.「ベー」と舌を突き出し、下に向けて伸ばす

1~4を1セットとし、
毎食後に10セット繰り返します

 

 

 

 

舌や口周りの筋肉を鍛えることで、
口が不意に開くことを防ぎ、口呼吸の改善の他、
いびきや誤嚥(ごえん)の予防効果も期待できます。

 

ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

 

 

>>NAP

感染予防対策の取り組み

こんにちは。沼尾デンタルクリニックです。
全国的に長雨が続いておりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
夏の疲れが出始めるころです。くれぐれもお体にお気をつけください。


8月20日より栃木県にも緊急事態宣言が発令されることになりました。



感染者の増加と、さらに新しいコロナ株も次々と出ているようで、一層の注意が必要な状況です。
当院ではコロナウイルスの感染予防として以下の対策を行っております。



【Covid-19(新型コロナウイルス)感染対策 沼尾デンタルクリニックの取組み】

・待合室での密を避けるために、予約を調整しています。
・診察前にアズレン(うがい薬)によるうがいをしていただきます。
口腔内の細菌・ウイルスを減少させることにより、飛沫感染予防の効果があります。
・定期的の窓を開け、換気を十分に行います。
・治療中は口腔外サクション(リンク:http://e-numao.com/2020/05/22/飛沫予防のために口腔外サクション歯科用吸引装)を使用することにより、飛沫を予防しています。
・治療用椅子は、患者さんごとにアルコールで清拭しています。
待合室やドアの取っ手など、手で触れる部分もアルコールで清拭しています。
・治療で使用した器具は、薬液消毒と滅菌処理をして、病原体を完全に除去します。
・紙コップや紙エプロンなど、使い捨て製品で対応しています。
・スタッフはマスク、グローブ、フェイスシールドなどを使用し、感染を防ぎます。

(動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=x5Hq8XnxBL4
口腔外サクションの様子



【来院時に下記の項目についてご協力をお願いしています】

・発熱している場合は、受診を控え、かかりつけ医へお問い合わせください。
・来院時は待合室への入室の前に、手指の消毒(手洗い・アルコール消毒)のご協力をお願いいたします。
・待合室ではマスクを着用し、ソーシャルディスタンスにお気をつけください。
・来院時は待合室ではなく、お車でお待ちいただくことも可能です。
到着時に携帯電話にてご連絡ください。


沼尾デンタルクリニックでは感染予防対策を万全に行い、皆さまが安全に診療できる環境をご用意しております。
安心してご来院ください。

引き続き感染予防に努めます。

こんにちは。沼尾デンタルクリニックです。

 

当医院でも例外なく新型コロナウイルス対策には

十分注意しております。

ここ最近、当医院のコロナ対策を見直していて

気づいたこと・思ったことをご紹介させていただきます。

 

 

医院の玄関には

手指消毒用のアルコールを用意しているのですが

どうも使い方がわかりづらかったためか

上を押して使おうとされる患者さんが

多くいらっしゃいました。

 

それに気づいたスタッフが

わかりやすくなるよう

手書きのポップをつけてくれました。

 

多くの人が共有して使うものですから

こういったところから感染してしまわないように

より分かりやすいご案内ができるよう

医師・スタッフ一同努めてまいります。

 

医院と患者さんが

一番最初にやり取りする場である受付。

当医院の受付にはガラスの仕切りがあり

もしかしたら少し“壁”を感じられる患者さんも

いらっしゃったかもしれません。

 

しかし、今となっては飛沫防止として

威力を発揮しています。

 

マイナス要素かな?と思った設備が

プラスに働いていて、

まさに怪我の功名とでもいうのでしょうか。

 

 

 

 

また、玄関にも注意を促す手書きのポップを

設置させていただきました。

 

当医院でもできる限りの対策は行っておりますが

ご来院の患者さんのご協力もなければ

対策の効果は高まりません。

 

大変恐縮ですが

熱や咳などの症状をお持ちの方や

記載の条件に該当する患者さまには

受診をお控えいただけますよう

何卒のご協力をお願いいたします。

 

 

緊急事態宣言発令に対して

 2021年1月14日に栃木県にも緊急事態宣言が発令されました。
 2020年4月の緊急事態宣言時には、感染拡大を防ぐために通常診療を休診とし、緊急処置のみで対応し、院内の感染対策を講じてきました。
 今回の緊急事態宣言は、医療機関への通院など、健康維持のために必要な外出は、自粛要請から除かれております。
 感染防止の観点から、当院では、すべての治療台に口腔外サクションを設置しています。フェイスシールドやゴーグル・マスク・グローブ等の感染予防に必要な物資も十分に確保しています。また、アルコールなどの消毒類も充実させ、定期的に窓を開け換気を十分に行うなど、可能な範囲で感染症対策もしています。
 三密に十分配慮し、診療を行なっています。
当院における感染予防対策について

患者様には、通院時に下記の項目についてご協力をお願いしています。
・発熱している場合は、受診を控え、かかりつけ医へお問い合わせください。
・来院時は待合室への入室の前に、手指の消毒(手洗い・アルコール消毒)のご協力をお願いいたします。
・待合室ではマスクを着用し、ソーシャルディスタンスにお気をつけください。
・来院時は待合室ではなく、お車でお待ちいただくことも可能です。到着時に携帯電話にてご連絡ください。

栃木県緊急事態措置の概要

  栃木県日光市
   沼尾デンタルクリニック
    院長 沼尾 明弘

加湿空気清浄機を設置しました

加湿空気清浄機

コロナ対策の一環として、沼尾デンタルクリニックではいろいろな対策を行ってまいりました。
今回は待合室と診療室に、複数台の加湿空気清浄機を設置いたしました。
乾燥する時期でもありますので、少しでも加湿をしていきたいと思います。
これらを設置しても、定期的な窓開けによる換気をすること、密にならないような予約の取り方をすること、診療には口腔外サクションを使用すること、なども引き続き遂行していきます。

飛沫予防のために口腔外サクション(歯科用吸引装置)の設置

 歯科の治療中は、細かい水や粉じんが飛び散ります。また、治療中に独特のニオイが発生する場合もあります。そのような飛沫やニオイを瞬時に口元で強力に吸引し、診療室内へ拡散させないために、口腔外サクション(歯科用吸引装置、フリーアーム)という機械があります。
 この装置を使用することで、飛沫やニオイを防止し、診療室内を清潔に保つことができます。

口腔外サクション(歯科用吸引装置、フリーアーム)の有無の違い

 研究論文の中に、高速度カメラにて飛沫粒子の捕集率の測定が行われたものがあります。その研究結果によると、飛沫粒子の80~95%がこの口腔内サクションによって吸い込まれていることが分かりました。

 このことから、歯科治療中に口腔外サクションを使用し、強力に吸引し続けることで、飛沫を捕集する効果のほかに、診療室内の空気も同時に吸引することにより、換気の効果も期待できます。
 当院では、口腔外サクションをすべての治療椅子に4台設置していますが、その4台を稼働していると、約20分で診療室内の空気を入れ替えられ、室内換気の効果も、期待できます。

 吸引された飛沫やニオイを伴った空気は、院外にある室外機へと送られます。室外機では、吸引した空気をろ過するために、複数の特殊フィルターを通過させ、クリーンな空気の状態にして、室外へと排気しています。

 当院では、口腔外サクション(フリーアーム)をすべての治療用椅子(4台)に設置しました。口腔内サクションを治療中に積極的に使用することで、水や粉じんが飛び散るのを予防していきます。

 これからも快適な診療空間、安心安全で、清潔な医療の提供を心がけていきます。

診療再開のお知らせ

 4月16日の緊急事態宣言を受け、当院では緊急性が低いと思われる治療については、5月6日まで診療を縮小し、痛みや腫れなどの症状がある方の処置のみ行っておりました。
 しかし、歯周病の再発防止を維持するための治療を十分に行うことができなかったために、歯周病が再発し、痛みや腫れなどの症状の出る方や、むし歯による痛みの出る方が、少なからずいらっしゃいました。
 国の緊急事態宣言は今月末までの延長が決定しましたが、栃木県の自粛要請は10日までの継続となり、11日に緩和すると発表がありました。それらをふまえて、患者さんの歯周病やむし歯の悪化を防ぐため、下記のような感染対策を十分に行った上で、5月7日(木)より診療を再開することとします。

・待合室での3密発生防止のため、予約は余裕をもってお取りいたします。車の中でお待ちいただいても構いません。当院駐車場に到着しましたら、お電話ください。順番になり次第ご連絡いたします。
・器具の滅菌や消毒を徹底します。
・設備の次亜塩素酸などによる清拭、薬用せっけんによる手洗いなどを徹底いたします。
・こまめに室内換気をします。
・5月14日に、すべての診療用椅子に口腔外バキュームを設置し、飛沫予防を強化します。

 ご予約はお電話にてお受けいたします。みなさまのご理解ご協力をよろしくお願いいたします。
 新型コロナウイルス感染への不安から、受診を控えていらっしゃる方もいることと思います。痛みや腫れなど、気になる症状がありましたら、応急処置だけでも対応いたします。受診への不安が解消されましたら、治療再開をご検討ください。
受診すべきかお悩みの方は、お電話でご相談に応じます。
TEL 0288-22-3030 (こちらにお電話ください)

              沼尾デンタルクリニック  院長  沼尾 明弘

〒321-1263 栃木県日光市瀬川230-4
HP     http://e-numao.com/
facebook  https://www.facebook.com/numao.dental

新型コロナウイルス感染拡大防止のために 第2報

 4月7日に7都府県に緊急事態宣言が出されました。当院では、患者さんの安全を第一に考え、4月16日から30日まで、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、緊急性が低いと思われる治療については、診療を縮小する方向で検討しておりました。
 しかし、4月16日に緊急事態宣言が全国に拡大され、期間も5月6日までとなりました。栃木県も緊急事態宣言の対象になったことを受け、当院の診療形態も緊急事態宣言に合わせ、5月6日まで延長させていただくことにしました。
 ただし、痛みや腫れなどがある方の処置や、処置が継続的に必要な方に関しては行うこととします。
・「急な痛みがでた!」
・「腫れてきて気になる」
・「顎が痛くて口があかない」
などの症状がある場合も診察をいたしますので、電話にてご連絡ください。
また、お口の中のことで気になることがあれば、お電話にてご相談ください。
期 間 :4月16日(木)~5月6日(水)
受付時間: 8:30 ~ 17:00
  TEL 0288-22-3030 (こちらにお電話ください)
休診日 : 4月19日・23日・26日・29日   5月3日~6日
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。        
            沼尾デンタルクリニック  院長  沼尾 明弘

新型コロナウイルス感染拡大防止のために

緊急事態宣言が出され、栃木県内でも感染者が増加しております。日光市ではまだ感染者はおりませんが(4月11日現在)、当院でも感染拡大防止を考えておりました。
そこで、患者さん、スタッフ、地域の方々の安全と健康を考え、緊急性がないと考えられる治療については、5月以降へ延期をお願いすることにいたしました。
痛みや腫れなどがある方の処置や、継続中の処置に関しては行います。
「急な痛みがでた!」「腫れてきて気になる」「顎が痛くて口があかない」
などの症状がある場合は診察を致しますので、電話にてご連絡をいただければと思います。また、お口の中のことで気になることがあれば、それもお気軽にお電話にてご相談ください。
TEL 0288-22-3030

期間:4月16日(木)~4月30日(木)
4月12日(日)に予定されていた矯正専門外来も、5月10日(日)へ延期させていただきました。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

沼尾デンタルクリニック  院長  沼尾 明弘

新型コロナウイルス対策として

新型コロナウイルス(COVIT-19)の対策として、来院患者さんにはこのような準備をさせていただいております。

入り口にある洗面所には、薬用ハンドソープ・イソジンうがい薬・紙コップ・歯みがきペーストを用意してあります。ご自由にお使いください。

入り口にあるスリッパ入れの上には、アルコール手指消毒剤を用意してあります。入室時や退出時にご利用ください。

待合室には次亜塩素酸イオン(グリーンアクア)を噴霧器にて、空間噴霧を行っております。
できる限り待合室での待ち時間を短縮できるように、スムーズな診療を心がけています。

診療室でも次亜塩素酸イオンの空間噴霧の使用をしております。

また、患者さんの治療が終わるたびに、治療台は次亜塩素酸イオンをスプレーしております。
スタッフはマスク着用と手洗いを徹底しております。