フッ素を塗っていたのに、むし歯はできる?

Question 歯科医院でフッ素を塗っていたのに、むし歯ができてしまいました。なぜですか?

Answer よく誤解されますが、フッ素だけではむし歯は防げません。

 フッ素を塗っただけでは、むし歯の予防はできません。むし歯に限らず、病気にならないようにするには原因を知り、それに対する対策が必要です。

 むし歯は「歯」「細菌」「食物」の三つの要素の存在により起こります。いずれの要素も完全になくすことはできません。そこで、おのおのの要素のかかわりを変えることで、むし歯の予防を考えなければなりません。

 まず歯ですが、歯がなければもちろんむし歯にはなりませんが、食事ができません。歯が細菌の出す酸で溶けるとむし歯になるので、溶けにくくすればむし歯になりにくくなります。

 それはフッ素が有効です。いくつかの方法のなかで、歯みがき後のフッ素の使用(洗口、ジェル、スプレーなど)は歯を強くするだけでなく、細菌の活動を低下させるといわれており、歯みがきが充分できないお子さんには効果的です。

 次に細菌ですが、細菌の数が少なければ作られる酸の量が少なくなり、歯を溶かすのに時間がかかります。結果としてむし歯になりにくくなります。このためには、細菌の巣となる歯垢を毎日の歯ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)で取り除くことが必要です。

 最後に食物ですが、主に砂糖などの糖質が問題です。糖質は細菌が活動するための栄養となります。栄養源がなければ細菌の活動は活発にはなりません。

 おやつには菓子類が多いと思われますが、回数や内容はむし歯の発生に大きく関係します。また、飲み物の糖質についても配慮が必要です。おやつのとり方に工夫をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です