夜間の歯ぎしりがひどいと家族に言われました

Question 夜間の歯ぎしりがひどいと家族に言われました。どうしたらやめることができますか?

Answer ストレスを減らすための、生活環境の見直しをおすすめします。

 歯ぎしりをどのようにしたらやめられるかというご質問です。歯ぎしりの本態は世界中の研究者によってさまざまな研究がなされていますが、今のところよく分かってはないようです。しかし、基本的に患者さん自身の本質的な体質、性質と精神的ストレスが大きい要素として考えられております。

 このように、歯ぎしりは病気と認識されておらず、むしろ「個性」として認識されているので、治療という概念はありません。

 しかし、歯ぎしりがあると、周囲に迷惑をかけるばかりか、ご自身の歯や歯周組織、またはかむ筋肉や関節にも負担をかけることになるので、何とかコントロールしたいものです。

 歯ぎしりの原因が個性とストレスということなので、「歯ぎしりコントロール」の要素として、個性の変更とストレスの低減が考えられます。「歯ぎしりをする人」という個性を変えることができれば、非常に結果がよいのですが、実際には個性の変更は難しいので、ストレスの低減が実現可能なコントロール法ということになります。

 職場の上司が退職したとたんに歯ぎしりが消失した症例があります。また、なかには転職と同時に歯ぎしりしなくなった方や、離婚したら歯ぎしりしなくなったという方もおられます。また、歯ぎしりのまったくなかったか方が、生活環境の急変と同時に歯ぎしりが出現した症例もあります。

 このようなことから、気づかなかった精神的ストレスが歯ぎしりの原因になっていることもありますので、ご自分の生活環境を見直してご覧になったらどうでしょう。

 マウスピースを使用することによって歯ぎしりや音が軽減したりするケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です