糖尿病の合併症に歯周病があります。

糖尿病という病気は皆さんご存知だと思います。予備軍も含めると非常に多くの方が糖尿病に関係してくるほど有病率の高い病気です。
糖尿病とは血液中にブドウ糖が溜まりすぎてしまう病気で、それによって体のあちこちに障害をもたらします。

糖尿病の主な合併症としては6個といわれており腎臓障害・網膜障害・神経障害・心筋梗塞・脳梗塞などがあります。
そしてもうひとつの糖尿病の合併症に歯周病があります。糖尿病が悪化するとともに歯周病もどんどん悪化していきます。
サンスターのホームページにその詳細が掲載されています。

歯周病が悪化すると、歯肉が腫れたり膿んだり、歯がグラグラしたり咬むと痛くなったりしてきます。歯周病が進行すれば抜歯となってしまいます。
糖尿病で食事療法をするので食事制限がかかりますが、歯がガタガタになってさらに食べにくくなってしまい、食事は憂鬱になってくるかもしれません。

そうならないように糖尿病の治療と同時進行で、歯周病の治療も行っておきましょう!

コメントを残す