痛みの少ないコンピュータ制御の麻酔注射器と麻酔注射のやり方

痛みが少ない麻酔注射器

歯医者で注射をされることは誰しも苦手なものだと思います。
注射をしたところから歯肉の中に薬が入ってくる感覚はあまりいいものではありません。
しかし、麻酔の注射をすることにより痛みを抑えて治療をすることも可能であり、麻酔をしっかりとしてから治療を希望される方も多数いらっしゃいます。
麻酔をすることにより治療中の痛みを抑えることができ、少しでも治療中の負担を軽減することができるというメリットがあります。

そのため少しでも苦痛なく麻酔の注射ができるように、沼尾デンタルクリニックでは以前からコンピュータ制御の麻酔注射器を使用しています。
注射後の麻酔薬の注入スピードをコンピュータ制御で行います。スピードが速いと痛みを感じやすいですし、スピードが遅すぎるとやたらと時間がかかります。
その中でもっとも適切なスピードを選択してくれます。
麻酔注射器では使い捨ての麻酔薬と使い捨ての注射針を装着して麻酔注射を行います。
希望者には針をさすところに麻酔薬を塗ってから麻酔注射を行います。お子さんにはほとんど塗ってから麻酔注射を行います。

すべての治療で麻酔が必要というわけではありません。
麻酔注射を行わなくても治療が可能な場合は、麻酔注射を行わないで治療を行います。

そのほかにも患者さんのリクエストにも対応いたします。
「痛みが苦手なのでできるだけ麻酔注射をしてください」という方には、治療前に麻酔注射を行います。
逆に
「麻酔注射が嫌いなのでギリギリまで注射をしないで治療をお願いいたします」という方には本人が痛みがあり麻酔注射を希望するまで、麻酔注射は行いません。
このあたりの判断は難しいですが、できるだけ患者さんの意思を尊重して治療を行いたいと考えています。
もちろん抜歯など絶対に麻酔が必要な治療の場合には、この限りではありません。麻酔注射が必要な処置の時には事前に必ず説明します。

コメントを残す